着物に関するQ&A

着物を着る場面はどこ?

着物

 

今では日常生活の中で洋服が一般的になり着物を着る機会がずいぶんと減ってきていますが、それでも正月や結婚式や成人式などの何かの節目に着物を着る方は多いです。
色々な着物教室などの宣伝がされているように着付けを覚えたいという人も多いですし、近年若い人にも着物の良さが再度また広がりつつあるように思いますし着物を積極的に着て欲しいと思いますので、着物の魅力についてお話したいと思います。
一番は日本の伝統的な服装であり、これまでの日本の歴史の中で得てきた伝統的な技術がたくさん詰め込まれている事だと思います。
着物はとてもシンプルな一枚の生地だけに、絵柄や生地などの良さがダイレクトに表れるのが大きな特徴だと思います。洋服では描ききれないような日本の四季や花などの美しさが描かれています。価格によっても違いは出てきますが、1つ1つの作業を丁寧に行われている着物はすごく魅力的であり、何年たっても価値があるものだと思います。
そして着物というと洋服のように何種類もの形があるわけではありませんが、とても着回し力があるものです。
同じ着物でも、帯の色や柄を変えるだけで全然違ったイメージで着こなす事ができますし、また着物を着た時は髪型を和装アレンジする方が多いと思うのですが、髪型や髪飾りなどによっても印象ががらりと変わってきます。
また年とともにだんだんと気になっていくのがお腹周りなどの体型だと思うのですが、洋服でも体型カバーを気にして購入する方が多いと思うのですが、着物は何より体型がカバーできる服装です。
たくさん紐を結んだりするので慣れるまではしんどい事がありますが、体型はほとんど分からないですし帯などを結ぶことによって姿勢を正すことができるので綺麗に見える事が多いです。
このような着物の魅力をどんどん広まれば良いなと思います。

洋服の良さ、着物の良さ

着物

 

日本人ならば着物という文化はありますが、普段着はすっかり洋服になっています。
今では着物を着る機会が数えるほどしかない人が大多数だと思います。その数少ない機会のひとつに、成人式があります。
これはとくに女性の晴れ着ということになりますが、私も成人式では着物を着ました。その着物ですが、レンタルではなく、両親がプレゼントとして買ってくれました。
自分としては、レンタルでもよかったのですが、せっかくの成人式だからという両親の想いを有り難く頂戴しました。

 

いざ着物屋に行って選ぶことになったとき、着物に関する知識は全くなかったので、どんなものがいいか、また、どれくらいの値段がするのかもよくわかりませんでした。
店内を見て気になったものをいくつか試着してみたところ、普段ほとんど着ることがないので、どれも素敵に見えてしまい選ぶのに苦労しました。
黒の着物がいいかなと思ったのですが、やはり黒は両親の世代からするとあまり晴れ着にはふさわしくないとのことでやめました。
赤の着物も捨てがたかったのですが、友人が赤を着ると聞いていたので、同じになるのは微妙と思いあきらめました。

 

そして、最初あまり興味がなかったのが、白の着物です。ですが、いざ着てみるととてもきれいでした。
着ている自分はともかく、白地に淡い色の花柄が描かれていて、なんとも美しいの一言につきました。

 

両親の反応もよく、試着後には即決で白に決めました。この白ですが、実はお値段も素敵でした。
あとからお値段を聞いたのですが、数十万はしました。晴れ着の一度しか着ないのに、そのお値段かと驚いたものです。白だから結婚式などに着るわけにもいきません。
自分の結婚式では着れるかもしれませんが、今思い返しても両親へはとても感謝しています。

着物は日本の良き伝統

着物

 

年齢が若ければ若いほど着物からは縁遠くなっているだろうと世間では想像されがちですが、必ずしもそうとは言えないです。
ブームというと大げさなのかもしれませんが、若い女性が着物に対して少なからず興味を持ち始めています。

 

古き良き日本の伝統であることから、そのファッション性が改めて見直されています。きちんと着こなすことによって凛とした立ち姿になることは、女性らしい見栄えを表現するのに一役買っています。
また、それを着ることによって母親や祖母とコミュニケーションをとれるということもあり、みんなで着ることを楽しめる良さがあります。

 

街中でもレンタルをするお店や買取に対して積極的なお店が増えてきており、新品だけではなくて中古にも需要が集まっています。
本来高価な着物ですが中古であれば手の届く価格になりますので、そういうところが時代のニーズに合っているといえます。

 

そうして着物が文化として再度注目を浴びることは、日本の伝統を守っていくという意味でとても良いことです。
最近では外国人観光客がたくさん日本を訪れていますから文化を知ってもらうためのアピールにもなりますし、これから徐々に活性化していけばただのファッションだけにとどまらない影響力が出てきます。

 

そのためには若い女性がもっと関心をもってくれるように業界が盛り上げていかなければなりませんし、世間の注目度が上がるように努力してはたらきかけなければなりません。
メディアやマスコミを巻き込んでいけばそれは思いのほか難しくはないはずで、さらなるきっかけがあればその火はつくはずです。
ですので、日本の良さを世界へもっと発信していくためのきっかけとして、着物は絶好のアイテムだといえます。